タカ・グリーン・フィールズ
お問い合わせ
新着情報 フィールドデザイン オンラインショッピング プロ向け種苗・農業資材 店舗紹介 TOP
 
ガーデニングTOP 野菜の育て方TOP
左図のようなタネまき用ポットを使用します。
指でまき穴を5ヵ所あけて、1粒ずつまきます。ミニトマトのタネは非常に小さいので、まき過ぎないように気をつけて。
発芽適温は20℃以上です。
適温に達していない場合は、暖かい室内の窓辺などで発芽を促します。
順調に発芽すればタネまき後、約1〜2週間で双葉が出てきます。
出そろったら3本に間引きます。
その後本葉が出てきたら丈夫な芽を選びながら最終的に1ポット1本になるまで間引き、最初の花が咲くまでこのポットで育てます。
最初の花が咲いたら植えつけます。
深さ30cmほどの鉢を用意し、土を入れます。
植え穴をあけてからポットを入れて土をかぶせたあと、短い支柱をななめに挿して仮支柱を立て、水をたっぷり与えます。
植物の成長と共に、主茎と葉柄のつけ根に出てくる新しい芽がわき芽です。
わき芽かきは栄養が分散し、収量や品質の低下を防ぐために行うもの。
気がついたらすぐ行い、1本の主軸だけを伸ばしていきます。
株が安定してきたら、180cm以上の支柱を縁に3本、等間隔で立てます。
支柱の上部を交差させてひもで固定し、細長い三角形を作ります。
倒れないようにしっかりと立てたら、植物の成長に応じて茎を誘引します。
茎は太ってきますので、ひもはゆるめに結びます。
最初の実が膨らみ始めたら、1回目の液肥を株元へ与えます。
下から3段目の実が膨らみ始めたら、2回目の液肥を株元へ与え、その後は2週間おきに収穫終了時まで与えます。
果実が赤く色づいたら収穫です。
真っ赤に熟した果実は、雨や急激な水分を与えると勢いよく吸い上げて果実が裂けてしまうことがあります。
赤くなったら、おいしいうちに収穫しましょう。
茎が伸びて支柱の高さまで達したときに先端を摘み取ることを摘芯といいます。
摘芯することでそれ以上茎が伸びなくなり、株を充実させておいしい実を収穫することができます。
※深町貴子著「はじめてでもできる!ベランダですずなり野菜」より
作り方が載ってる本を購入する
会社概要 お問い合わせ プライバシーポリシー サイトマップ
  • 有限会社タカ・グリーン・フィールズ
  • 〒214-0031 川崎市多摩区東生田3-1-25
  • 044-930-0558